SUTAROPU ~作曲&音楽素材工房~


“ありがとう。” 今まで一緒にいてくれてありがとう

楽曲公開 [38pv]
2017/07/24

2014年、
長年一緒だったマリ(猫♀)が亡くなりました。
最期のほうは顔が腫れてしまって、
もう無理はしないで欲しいとも思っていた時期でした。

亡くなって以来、家に帰るとついつい、
姿を探してしまいます。

玄関だったり、居間だったり。
色んなときに支えてもらっていました。
そんなマリへの感謝を籠めて作りました。

「ありがとう。」

”ありがとう。”
© Daisuke Kihara

Good 1
Loading...


コメントは受け付けていません。


[広告]

関連記事

“PLEASURE” 狂気と情欲の火

  2017/07/25
  楽曲公開
  38 pv

最初の一行目から その変わった歌詞は 口紅の赤に収束していく ”PLEASURE” © Daisuke Kihara

≪本文を読む≫


“道” 君と共に歩く歌

  2017/07/23
  楽曲公開
  36 pv

定期的にライブをしていたころの定番曲 その中でも一番シンプルなアレンジのものを公開 作曲自体は2001年のもので メロディが平坦過ぎと言われたのを覚えてる 割と身近な人には評価が低かったのに ライブでは一番評価が高かった…

≪本文を読む≫


”Weekend” 週末までを数えて

  2017/07/25
  楽曲公開
  53 pv

かなり詩的な曲です 歌の歌詞というよりは詩です 平井堅のex-girlfriendという曲に触発されて こんな感じのを作りたいと思って製作しました 詩は綺麗な空色の風景です iTunes LINE MUSIC Spoti…

≪本文を読む≫


“Cooking” 楽しいお料理の曲 -05年制作17年編曲-

  2017/07/18
  楽曲公開
  132 pv

もともとは「Dinner」というタイトル 2005年に「なないろの少女」というお話を作っていて、 いまだ未完なんですけど、 その話の中で夕食を主人公と男の子が一緒に作るシーンがあって、 その背景音楽として制作したのがこれ…

≪本文を読む≫


“Good-Morning” こんな嘘みたいな朝の歌

  2017/07/23
  楽曲公開
  34 pv

こちらも曲が先にあり、 自分で歌詞を書いては見たものの、 なんとなくうまくいかず 歌詞を頼んで書いてもらったもの 毎回ひとの歌詞を見ると 自分には書けない世界観で素晴らしい 詞:羽根沢まり ”Good-Morning” …

≪本文を読む≫


“星のしずく” エスニックでノスタルジックな3拍子 -99年制作17年編曲-

  2017/07/16
  楽曲公開
  143 pv

おそらく3拍子としては初めて制作した曲ではないでしょうか 最初はアコーディオンやオルガンを使って もの悲しい3拍子を作ってみようと思い 楽譜を書き出しました サビがあまり盛り上がらずに Aメロに戻って終わるという構成です…

≪本文を読む≫


”Silver Ring” 弾丸ほどの隙間=シルバーリング

  2017/07/27
  楽曲公開
  40 pv

そういえば 頭打ちビートの曲を作ったことがないぞ! と思い制作した曲 サビは中腰で片足リズム踏める感じ 槇原敬之のライブ版の「モンタージュ」を聴いて やっぱりノリの良い曲があった方が 自分のライブでも盛り上がるよなーと …

≪本文を読む≫


“君に逢いたい” 遠距離恋愛の恋

  2017/07/25
  楽曲公開
  40 pv

おなじ歌詞の繰り返しで この手の言葉を使うのは恥ずかしいです ”君に逢いたい” © Daisuke Kihara

≪本文を読む≫


“アルバム” ファンクラウンジポップ 癖のある伴奏と木琴 -02年制作17年編曲-

  2017/07/18
  楽曲公開
  228 pv

ひたすら木琴パートが繰り返される曲です と言ったら元も子もないですが とても気に入っている曲です 狭い音域で成り立っているこの曲は 不自然なリズムとメロディを融合させる制約みたいな感じです 気に入っているので色んなバージ…

≪本文を読む≫


“制約” 紡げぬ愛の歌 中華風イントロ

  2017/07/22
  楽曲公開
  79 pv

これも歌詞を書いていただいた曲 いつも大体曲先(曲を先に制作する)なんですが、 この曲は詩先で制作しました 歌詞のイメージから素直にいくともっと 三拍子やブルースのノリを考えたのですが、 それだと僕っぽくないなと思い、 …

≪本文を読む≫


関連記事


おすすめ漫画 (amazon)


おすすめビール (amazon)


↑戻る