ス  
~音楽のある生活~

東洋学について興味を持ってもらうことを目的としたミュージアム “東洋文庫ミュージアム”


こんにちは
歴史や文はあまり得意ではない筆者ですが
目の保養にもなるとの思いで行ってまいりました

まず入場料900円を払い
ゲートを通ると「オリエントホール」です
東洋文庫の始まりと歴史を映像などで紹介しています
展示ケースには数々の古書が並んでいます

装丁はしっかりしているのに
手書きの表紙タイトルとか
なんだかすごく不思議に感じてしまいますね

そして二階にあがって
「モリソン書庫」です

古代図書館という曲を
書いたことがありますが
こういうイメージですね

1917年、東洋文庫の創設者
岩崎久彌が北京駐在のオーストラリア人モリソン博士から
東アジアに関する欧文の書籍・絵画・冊子など
約2万4千点をまとめて購入したコレクションです

奥行き三段に渡っての本棚は圧巻ですね

その順路の先には
岩崎文庫所蔵の国宝・重要文化財と
最高級の浮世絵の名品が展示されています

デジタル処理による展示や説明もありました
僕が行った時には杉田玄白の簡単な動画がありました
巻物をタッチパッドで見られるようになっていて
そこに描かれている外国人に名前がふってあるのも面白かったです

その先「回顧の路」「ディスカバリールーム」へと向かいます

「ディスカバリールーム」は
西洋と東洋の間の「発見(ディスカバリー)」の歴史を扱っているようです
このテーマに沿った展示が年に3回ほど企画されているそうです

先日訪れたときは
「回顧の路」手前から「ディスカバリールーム」まで
災害に関する資料が置かれていました

江戸の大火に関する資料も興味深く
当時の火事は凄まじかったと思われます

地震についても
東日本大震災関連の展示があったり
プレートの模型があったりしました

2階を一回りして
「オリエントホール」に戻り
脇の扉から庭に出ます

「知恵の小径」と名付けられた
ミュージアムとレストラン「オリエント・カフェ」とをつなぐ屋根付きの小径(みち)です
アジア各地の名言が原語で刻まれたパネルが並んでいます
原語で書かれているので、文字というより模様のようにも見えます
手書きではどのように崩れていたのでしょうか

レストラン「オリエント・カフェ」は
東洋文庫と小岩井農場が共同でプロデュースする洋風レストランで
僕はソルベをいただきました

中庭の「シーボルト・ガルデン」は
博物学、そして欧州における東洋学の発展に貢献したシーボルトにちなんで作られたようです
庭園内にダチョウの彫刻が突如として佇んでいたのですが
「東洋文庫賞」を受賞した東京藝術大学学生による屋外彫刻作品のようです
タイトルは「ダチョウになりたい」

そこまで広くはないので
気軽に散歩がてら行ってみるというのも良さそうです


名称 : 東洋文庫ミュージアム
種類 : ミュージアム
URL : http://www.toyo-bunko.or.jp/museum
最寄駅: JR・東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩8分
     都営地下鉄三田線「千石駅」から徒歩7分
     都営バス上58系統・茶51系統「上富士前」から徒歩1分
休業日: 毎週火曜日(ただし、火曜日が祝日の場合は開館し、水曜日が休館)
     年末年始、その他、臨時に開館・休館することがあります。
電話 : 03-3942-0280(ミュージアム)
     03-3942-0400(オリエント・カフェ)
住所 : 東京都文京区本駒込2-28-21



AGASHA
2017/07/03 芸術鑑賞 , , , ,


コメントは受け付けていません。

関連記事

変わる廃墟展2018 廃墟の写真や販促物

  2018/03/04
  芸術鑑賞
  118 pv

イベント情報サイトから調べて、変わる廃墟展へ行ってきました 写真集『奇界遺産』『世界の廃墟』やTV番組「クレイジージャーニー」出演の「佐藤健寿」の話などで少し廃墟に興味が湧いていたところでした 個人的な好みになってしまい…

≪本文を読む≫


シアターノーチラス#21「ミニチュア」今日はこちらを観劇してきます。

  2016/09/26
  芸術鑑賞
  434 pv

「もしかしたら彼女、この中のどこかにいるの?」 【街の模型】を残して行方不明になった女の部屋で、7人の男女が繰り広げる奇妙な会話劇。 シアターノーチラス♯21 『ミニチュア』 2016年9月23日(金)-9月27日(火)…

≪本文を読む≫


シアターノーチラス#21「ミニチュア」感想

  2016/09/29
  芸術鑑賞
  487 pv

ミニチュア、 そう、模型である 小さい頃はNゲージ(鉄道模型)なんてもので少し遊んだけれど、 どちらかというとこの作品はシムシティのように 俯瞰して見るものなのかもしれない 一人いなくなった編集者のアルバイト 写真のデー…

≪本文を読む≫


関連記事

ねこ猫 いぬ犬 特集!
お気に入りの場所 252 pv



ちょっと懐かしい!?
あの頃の商品
カルビー ポテトチップス 十味唐辛子 179 pv